会長メッセージ

前回はマーケットアウトビジネスの『保証』という考え方の中から、納期保証についてご紹介しました。2回目の今回は価格保証についてご紹介します。 先日、「A」という商品を売り込むためにセールスマンが私のところにやってきました。 そこで私は値引き交渉をしました。するとそのセールスマンは「では30%値引きしましょう」と言いました

続きを読む

マーケットアウトビジネスでは『保証』という考え方を重んじます。今号からシリーズでマーケットアウトビジネスにおける「保証のあり方、その価値」をご紹介します。 商品やサービスをより早く、確実に届けることは大きな付加価値を生みます。お客様は極限まで納期が短くなり、その納期が保証されれば、在庫を持つ必要がなくなります。在庫を抱

続きを読む

マーケットアウトを政治に当てはめるとシチズンアウトになります。 今回の衆議院の選挙では大きな変化が表れました。それはこれまでの政治はガバメント・アウト、すなわち政権のための政治であり、政党のための政治でした。 しかしこれからは、シチズンアウト、すなわち本当の民意に基づいた政治に変わろうとしているのだと思います。

続きを読む

人材紹介業は企業から料金をとるのではなくて、就職する個人から料金を取るべきだと思う。 戦後50年続いた高度成長時代が完全に終わり、新しい時代に入りました。 今後の人材紹介業は企業の論理に合わせて人材を紹介するのではなく、就職する個人の側に立って声を聞き、その人にふさわしい企業や職場を紹介するべきでしょう。 企業や個人を

続きを読む

少々のお金を儲けるためにはビジョンはいらない。 しかし、1,000億円の企業を創ろうとすれば、ビジョンが必要である。 お金儲けで始めたビジネスはスモールビジネスで終わる場合が多い。 大きな事業を創るためには、大きなビジョン、高い志が必要です。 マーケットアウトは大きなビジョンにも、高い志にもなるコンセプトです。 マーケ

続きを読む

マーケットアウトビジネスには、絶対的な概念はなく、あくまで相対的な概念です。ですから、よりマーケットに近づいた企業が、そうでない企業より優位に立つことになります。よりマーケットアウトであることが勝ち組になるための条件です。

続きを読む

報酬体系が完全成果報酬型とは、クライアント会社の利益に貢献した分だけ報酬を得るということです。コンサルタント会社は、利益を出さなければ報酬は一切得られません。そのため、コンサルタントはクライアント側の立場に立ち、共に企業価値、業績向上を目指し、Win-Winの関係構築を目指します。つまり、完全成果報酬型のコンサルタント

続きを読む

マーケットアウトビジネスは、顧客ニーズに合った商品・サービスの作りこみ・提供を継続的に実行することが重要であり、取引先の見直しなど相当な覚悟が必要です。日本人は「和を持って尊し」を大事にし、ビジネスの場においても例外ではないのですが、マーケットアウトビジネスを行う上ではこれが足かせになってしまいます。そのため、マーケッ

続きを読む

顧客ニーズに応えたオリジナリティーあるコンテンツが広告宣伝成功のキーポイントである。 広告宣伝を考える場合、まず、「高い資金を投じ、如何に有効な媒体を通じて行うか」を考えがちです。しかし、コンテンツ(商品・サービス自体そのもの)に顧客ニーズを徹底的に反映したオリジナリティーがなければ、費用対効果は低い上、広告し続けなけ

続きを読む

マーケットアウトビジネスでは、インターネットの優位性を生かすことが目的ではなく、いかに使いこなすかが重要である。 今日におけるインターネット時代では、いつでも誰でも双方向に情報のやりとりを行えるようになりました。また、それと同時にインターネットを活用したビジネスの可能性は大きくひろがりました。しかし、マーケットアウトビ

続きを読む

どの企業においても、「ヒト」は重要な経営資源です。そのため多くの企業では、「社員の長期定着化」を重視しています。しかし、個人の視点で考えると、「得意スキルが最大限活用でき、自分のペースに合わせて成長できる場を提供してくれること」が重要で、必ずしも1つの企業でそれが達成できるとは限りません。企業は、企業自身の成長段階やマ

続きを読む

バックナンバー