会長メッセージ

1.マーケットアウトビジネスの創出のためには、誰にヒアリングすればいいか? Q1 ある業界について、発想の転換やマーケットアウトを徹底した新規事業を創るためにはその業界の現場で働く人、業界の中小・零細企業の経営者、業界の大手企業の人、業界に詳しいジャーナリストや研究者など、どういった種類の人達からヒアリングを行うことが

続きを読む

1.マーケットのセグメンテーションについて Q1 新しい事業を考える際、マーケットをセグメンテーションして、ターゲットを徹底的に絞り込む必要がありますが、一方で絞込み過ぎるとニッチになってしまい、成長拡大路線を目指すステージでスケールメリットが効きづらくなるような気がします。ターゲットの絞込みとスケールメリットは、どう

続きを読む

1.シニア起業と若年起業 Q1 最近、若年層の起業比率が減る一方で、シニア層の起業比率が上がっているという記事を見ましたが、起業は若い時にする方がいいのか、それとも、年を重ねて経験が蓄積されてからの方がいいのか、どちら側の利点が多いのでしょうか? A1 [1] シニア起業の増加と問題点 最近シニアの起業が活発になり、2

続きを読む

1.新規事業成功の確率と今後の方向 Q1今後、メディパスに続いて、他の事業会社でもEXITが進むと、事業参入フェーズにある事業の数が少なくなってきますが、これからの新規事業の立ち上げはどのようになるのでしょか?        A1 [1] 新規事業成功の確率 我が国において、ベンチャーキャピタルが投資したベンチャービジ

続きを読む

1.事業計画の可否の重要なポイント及び事業計画の修正について Q1 社長が事業計画の可否を判断する際、特に重視するポイントは何でしょうか? また、事業計画の目標値を途中で修正することについて、社長自身はどのようにお考えになりますか?      A1 [1] 新事業計画の可否を判断する際、特に重視するポイント   (1)

続きを読む

1.メディパスのExitにあたって Q1 先日、株式譲渡が完了したメディパスについて、会社の立ち上げからEXITに至るまでを振り返り、社長の今の率直な思いを教えて下さい。        A1 この度、(株)メディパスのM&Aが、介護関係のソフト開発会社であるエヌ・デーソフトウェア(株)との間で成立したことは、一つの大

続きを読む

1.お客様を訪問する際の留意点 Q1 顧客の会社に初めて訪問する際、相手によい印象をもってもらえるように、立振る舞いや態度、服装などには充分気を付けていますが、社長は初めて訪問を受ける時に、相手のどのような部分を見たり、気になったりすることが多いでしょうか?        A1 エムアウトの経営理念であり、ビジョンであ

続きを読む

1.新規事業の撤退、継続の判断基準は? Q1 新規事業が計画通り推移しない場合、最終的に撤退するか、継続(追加投資)するかを判断する際に、社長自身が最も重視する基準、ポイントは何でしょうか? A1 今わかっている、新規事業立ち上げの条件として考えられるものは、次の3つです。 (1)有効市場 マーケットアウトビジネスと

続きを読む

1.人格と実績 Q1 ある雑誌で、有名なネットベンチャー企業の創業社長が、管理職を登用する際、「人格がよくて、実績がない人」「人格が悪くて、実績がある人」のどちらかを選ぶとすると、「実績」より「人格」を圧倒的に重視するといっていました。社長自身はどのようにお考えになりますでしょうか?        A1 「人格がよく

続きを読む

1.「リアルビジネス立ち上げの可能性」 Q1 ここ数年、エムアウトが立ち上げた事業会社は、すべてWeb上でビジネスを展開する事業ですが、今後、新規事業を考える際に、主に人を介してサービスを提供するリアルの事業を立ち上げる可能性はあるのでしょうか? A1 結論から言えば当分の間、リアルビジネスの立ち上げ(はないと考えら

続きを読む

1.「人材育成について」 Q1 事業がある程度の規模まで成長し、社員も増えてくると、スタートアップ初期の時期から携わったメンバーと、後から参画したメンバーとで、事業を成長させたいという意欲に温度差を感じることがあります。また、組織が大きくなったことで、各自の役割や担当業務が明確になったものの、指示待ちとなるような人も出

続きを読む

1.「マーケットアウトと競合相手について」 Q1 現在、自分が携わっている事業も、顧客ニーズに応えたオンリーワンのビジネスだと自負していますが、一方で、業界の中で競合にあたる他社のことがとても気になり、時々、顧客ニーズよりも、競合相手にどうやったら勝てるかということに主眼を置いて物事を進めてしまっている気がしています。

続きを読む

あけましておめでとうございます。 新しい年を迎え、心から新春のお祝いを申し上げます。 さて、新しい年2012年はわが国経済にとって、あるいは私達にとってどんな年になるのでしょうか。 昨年は東日本大震災及び福島原子力発電所の事故など、わが国は大きな被害を受けました。更にギリシャに端を発したヨーロッパ市場での金融不安、アメ

続きを読む

バックナンバー