会長メッセージ

【会長語録】「最近のニュースについて」



Q1:最近、田口会長がノートに切り取ったニュースのベスト5を教えて下さい


A1:A 日頃私は忘備録として、新聞や雑誌から重要だと思うニュースを切り取って
ノートに記録しています。今日は直近の4月のノートの中からいくつかをあげてみたいと思います。


【1】 フェイスブックの情報流出事件。「いいね!」の価値は「常識」を超える。
                           (2018年4月2日 日経ビジネスより)
      
    「いいね!」の情報こそが宝の山だった。ユーザーが「いいね!」した記事や商品とその
    人の属性との間に強い相関関係があるからだ。
     米国スタンフォード大学のマイケル・コジンスキー准教授は最近発表した論文で、フェイス
    ブックの「いいね!」情報から、その人の性的嗜好や民族、宗教、政治信条、性格、IQ、幸福度、
    違法薬物の使用の有無まで推定できることを実証した。


【2】 「アパレル業界は誤った哲学を守っている」
                     (ストライプインターナショナル 石川康晴社長)
                           (2018年4月9日 日経ビジネスより)
   
     アパレル業界のトップは60歳〜70歳の方が多く、新しいデジタル・マーケティングに全く
     付いていけていません。成功体験を持った方が権限を持ちすぎているのではないか。
     哲学や理念までマーケットの変化に合わせて変えて行かなければなりません。
     価格や出店場所を変えるのは、単にマーケティング戦略の変更です。
     これでは時代の変化に適応することは出来ません。

【3】  メルカリ 山田進太郎 会長。(プレミアム・ゼミナール)
                          (2018年4月11日 日経産業新聞より)
     
     米国は様々な言語を話し、文化を持った人の集合体。この国で受け入れられる
     サービスや技術は世界中で受け入れられる。


【4】  銀行業務の三分の一が奪われる。(米国のシティグループのリポート)
                            (2018年4月12日 日経新聞より)

     先端技術の進歩によって、最大で銀行業務の三分の一が大手ハイテク企業や、新興の
     フィンテックによって置き換えられる。北米では2025年までに支払いや資金運用、融資などの
     分野で34%の売り上げを失うと予想している。

【5】  民泊、セブンでチェックイン。
                            (2018年4月18日 日経新聞より)

     セブン・イレブン・ジャパンとJTBは共同で全国のコンビニを民泊のチェックインの拠点と
     して活用するサービスに乗りだす。
     店内の専用端末で本人確認や鍵の受け渡しを出来るようにする。

バックナンバー