会長メッセージ

【会長語録】「日本を引っ張るリーダーとはどんな人か」



Q: 日本を引っ張るリーダーというのは、どういう人がいいと思いますか。
    

A:
【1】 わが国におけるバブル崩壊後の大きな変化。

わが国は第2次世界大戦に負けて、明治維新以後の一つの時代が終わり、焦土となった日本は、どん底から
這い上がる新しい時代を迎えました。
そして勤勉、実直な国民の努力によって貧しい生活から立ち直り、驚異的な高度成長時代を迎えて、
世界第2位の経済大国に成長するのです。国民は日本の行く末を信じ、希望を持って努力した時代でした。
ところが1989年バブルが崩壊して状況は大きく変わってきました。
高度成長から低成長へ、新興国型経済から先進国型経済へ、製造中心時代から情報中心の時代へ、
ナショナリズムからグローバリズムへ、第3次産業革命から第4次産業革命へ、など兎に角、時代の変化は
益々早く、しかも大きくなって来ています。
 ビジネスの世界では、この早くて、大きな変化に適応するためにはビジネスに対する考え方を根本的に
転換することが求められています。
世界では発想を転換した新しい企業が大きく成長する時代になってきたのです。

【2】 わが国の政治政党は世界の大きな変化に適応出来ていない。

わが国最大の自由民主党は、色々な戦略や戦術を打ち出し、積極的に動いていますが、なにしろ戦後から
の古い政党です。従って古いしがらみを沢山かかえ込んでいて、岩盤規制の撤廃など大きく日本の構造を
変えることは出来ないのが現状です。
旧民主党系の政党や公明党、日本共産党なども同じしがらみをかかえ込んだ古い政党で、現状を大きく
変えることは出来そうにありません。


【3】 発展する新党の立ち上げが必要。

従来の政党が古いしがらみをかかえ込んで日本を大きく変えることが出来ないとすれば、発展する新党を
立ち上げる必要があります。
かつて大阪府知事の橋下徹氏が、東京都知事であった石原慎太郎氏と日本維新の会を立ち上げ、大いに
期待しましたが残念なことに新党が発展することはありませんでした。


【4】 日本を新しい時代の新しい日本に創り変えることの出来るリーダー。

今の日本国民のニーズは何か、根本的な発想の転換は何かを考え抜き、こういう日本を創るのだ、という
明確な目標を示して、新党を立ち上げる。 
それが多くの国民に支持され、多くの政治家が参加する新党を立ち上げ、発展させることの出来る人が、
日本を良くする本当のリーダーになるのではないでしょうか。

  


バックナンバー