会長メッセージ

2019年の年頭にあたって

 あけましておめでとうございます。

新しい年を迎え、心から新春のお祝いを申し上げます。

 さて新しい年、2019年はどんな年になるのでしょうか。

最近感じますことは、世の中の変化のスピードが益々早く、しかもその変化の大きさが従来よりずっと大きくなってきているということです。従来の延長線にある変化ではなく、全く新しい次元への大きな変化がどんどん進んできています。
そんな中で私どもが15年間追求してきた新事業開発は、単にベンチャー業界だけのものではなく、わが国経済全体の最も重要なテーマになってきたのではないかと思います。従ってアベノミクスにおけるわが国の成長戦略は正に新事業開発中心であることが明確になってきました。
従来の古いビジネス、古い産業は世の中の早くて、大きな変化のために新しい絶対的付加価値を創ることがむずかしくなってきています。従って企業たるもの成長発展するためには、常に世の中の新しいニーズに答え、新しいマーケットを開発する新事業開発が必須の条件になってきたのだと思います。

これからの新事業開発は、ベンチャー業界だけのものではなく、あらゆる企業が本当の意味で成長するためには、全ての企業が新事業開発を行うようになるのではないかと思います。
私達はこの新事業開発、即ちスタートアップを量産する「スタートアップファクトリー」というビジネスモデルを目指してやってきましたが、スタートアップ業界も大きく変化し、環境が大きく変わった訳ですから、新しい年2019年は「スタートアップファクトリー」は、どう変わらなければならないか、を考え直す年になるのではないかと思います。
新しい年2019年もよろしくご支援の程、お願い申し上げます。
新春にあたり皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。


                              2019年1月1日

                                    株式会社エムアウト
                                    代表取締役  田口 弘



     

  


バックナンバー