CASE
成功事例インタビュー

新しい切り口のビジネスモデルでIT業界の課題解決に挑む

キミの
は、
きっとビジネスになる
paiza株式会社 代表取締役社長/CEO  片山 良平氏

終身雇用の崩壊を悟り、進学の道を捨てた高校時代

高校を卒業後はフリーターに。終身雇用が崩壊しはじめたタイミングだったこともあって、「サラリーマン」という働き方に全く魅力を感じられなかったんです。そのため大卒の学歴を得ることにも意味を見いだせず進学はしませんでした。しばらくは高校時代の仲間とバンド活動に熱中。インディーズでCDを出すほどで、割と真剣に取り組んでいましたね。演奏するより作曲が好きで、その頃から「こういう曲をやったら世の中にウケるかな」と世の中の反応を意識してロジカルに考えるタイプでした。その後、まだウェブデザイナーという言葉が身近ではなかった頃に独学でホームページを作ったことがきっかけで、バンドを脱退してIT企業に入社しました。ちょうど大卒と同じ23歳の時でした。

幅広い業務を通して、世の中に必要なサービスは何かを考えるように

はじめて就職した会社は社員20名規模の、いわゆる「中小零細のよろずやIT企業」です。この会社ではWeb制作からシステム開発、パソコン教室まで本当になんでもやりました。オープンソースのCMSがまだなかった時代に、自分でCMSを作って営業して歩いたことも。小さい組織なので個人の裁量に任される部分が大きく、企画、制作、ディレクション、営業、果ては値決めなど一気通貫で担っており、一人親方のような立場で自由に動いていましたね。当時はホームページや自社システムを持っている会社の方が少ない時代でしたので、ニーズは掘れば掘るほど出てきました。この頃にはもう、常に世の中に必要なサービスとは何かを意識しながら働いていたように思います。

この会社でエンジニアとしての技術や経営ノウハウ、営業力など様々なスキルが身につきましたが、一人で動くことが多かったのでマネジメントスキルに関しては未熟でした。将来を考えた時に、もっとリーダーとしてプロジェクトを動かせるスキルが必要だと感じて、ちょうど10年目に転職を決意。この時の転職活動の際にエムアウトの存在を知ったのですが、当時はまだ現場で経験値を高めるフェーズだと考え、ナショナルクライアントを持つIPO直前の大手IT企業に入社を決めました。

世の中を変える事業を創造するため、エムアウトに二度目の転職を決意

ここでは、入社直後からPMとしてナショナルクライアントのプロジェクトを担当。1500万円規模の大型長期プロジェクトでしたが、リリースの1日前にはやることがなくなっていたほどスムーズにプロジェクトを遂行でき、とても自信に繋がったことを覚えています。次からはプロデューサーの立場で上流を担うことが多くなり、クライアントの組織運営に関わるような提案をすることも多くなっていました。けれども、結局は受託開発という枠を出ることはできないため、「もっとこうすれば世の中のニーズに応えられるのに」と思っても実現できないことが多くて。やれることの限界を感じるようになったそんな頃に、世の中を変えられるような事業を創造するにはエムアウトしかないと考え、二度目の転職を決意しました。

エムアウト時代は気づきと発見の連続でした。幸運なことに、入社後すぐに新規事業のプロジェクトメンバーの選抜があったんです。もちろん、迷わず立候補しました。1週間に1回のペースで役員に新規事業のプレゼンを実施したのですが、かなりシビアにジャッジされましたね。リサーチと検討を繰り返すなど、綿密に突き詰めて事業プランを練っていたことが評価され、晴れてプロジェクトメンバーに選出されました。約1ヶ月間の選抜期間でしたが、この間ずっと“業務の片手間”ではなく事業創造という目的に集中して動けたため、時間もエネルギーもすべてプランニングやFSに使えることに感動しました。なかなかそんな環境ってないですよね。この時の濃密な経験は、今でも活かされていると常々感じています。

業界唯一のこれまでにはなかった新しいビジネスモデルを創出

そしてはじまった新規事業プロジェクトは、「スタートアップの成功確率を高める事業」というのがテーマでした。4人のメンバーでああでもないこうでもないとアイデアを出し合いながら生み出したのが、ある人材紹介サービス。プランニングに6ヶ月、FSに5ヶ月の時間を費やし事業化に成功。ただ、結果から言うとこの事業は撤退しました。詳細への言及は避けますが、結局のところ軸が定まっていなかったことが要因だと考えます。そして、同じメンバーでまた新しいビジネスの検討を開始。今度は、大手ができないようなエンジニアに特化した人材サービスを作ろうと考えました。企業ではなく求職者起点で考えた結果生まれたのが、エンジニア向け教育研修・転職支援サービス「paiza(パイザ)」です。学習支援と転職支援が一体となったサイトは業界唯一を自負しています。

「paiza」は、プログラマのコーディングスキルをWebテストにて求職者の技術を数値化し、人材を求める企業と求職者のマッチングを図るというもの。自分がエンジニアだったこともあって、元々プログラマの転職市場には課題感を持っていたんです。その自分の経験に加えて、たくさんの現役のエンジニアの方にインタビューを行うことで「マーケットアウト」のビジネスモデルを突き詰めていき、「paiza」のサービスにたどり着きました。

2013年のリリース当時はエムアウトの関連企業「ギノ株式会社」として運営を行っており、堅調に登録者数を増やすことに成功。今では35万人を突破し、求職サービスの利用企業数も2000社を超えるまでに成長しました(※2020年7月実績)。軌道に乗った3年後、サービスの提供価値を高めるため学習サイトを付帯させ、今のスタイルを確立。2年連続で「日本e-Learning大賞」を受賞するなど、学習サイトの面でも高い評価を受けています。

エムアウトのナレッジ、エムアウトで身につけたスキルが今日の成功の鍵

「paiza」が成功したのは、思いつきなどではない本質的な価値を理解する力、そしてマーケットの課題と解決策を見つけ出す力をエムアウトで身につけられたからこそ。仮に、自分一人で起業し「paiza」を立ち上げていたら、今の成功はなかったと思いますね。2020年1月、「ギノ株式会社」はMBOにより「paiza株式会社」として独立しましたが、MBOの際もエムアウトが持つ価値の高い情報やM&Aの仲介など人脈をたくさん使わせていただきました。

もし、「業界を一新するようなアイデアを持っているけど、具体的にどうすれば事業化できるかわからない」という方がいましたら、ぜひエムアウトで活躍してほしいですね。新しいビジネスモデルを創出するだけの豊富なナレッジを持つエムアウトでなら、一人では実現できないことでもきっと何らかの形になると思います。せっかくみつけた課題やアイデアをビジネス化できないのはあまりに勿体ない。エムアウトの田口会長もおっしゃっていましたが、人口減少に進む一方の日本が今後も経済発展していくためには、業界を壊すような新たなビジネスモデルを創出することが不可欠です。私も、IT業界というマーケットにおいて今後も課題を模索し続け、日本全体のレベルを上げていきたいと考えています。